GAP理論とは

山根 悟皆さんこんにちは。山根悟です。
まず皆さんはGAPと言われてもピンとこないと思いますので、ご説明をさせて頂きます。

GAP理論のGAPとはGravity Attest Pointsの頭文字をとったものです。
頭文字のGravityとは、重力という意味です。人間が立ったり寝たりしている地球には「重力」があります。立っていても寝ていても常に重力の影響を受けるということは、絶えず身体に負荷がかかっているということです。

また人間は左右対称にもかかわらず、日本人の95%が右利きです。その為現代社会は、右利きの人が生活しやすいような仕組みで成り立っています。例えば、普段使っている自動販売機は、右側にお金の入れ口があります。このような右手に使う機会が増えると、身体を右側に偏った使い方をすることになります。

これら2つの要因(重力と右手の使い過ぎ)により人間の歪みが日々の生活の中で段々出来てしまうのです。

身体の軸が偏った状態で生活をすると、人間の体が偏った状態でバランスをとります。
その為、まるでだるま落としのように背骨が左右に歪んでしまいます。

そこで山根D,Cは30年以上の臨床経験から、とくに歪みの強い4つのポイントを発見し、
カイロプラクティック理論を応用して独自の理論を完成させました。
それがGAP理論です。