トリガーポイントによる関連痛とメカニズムを山根悟が徹底解説

トリガーポイントによる関連痛とメカニズム

トリガーポイントの特徴のひとつとして「関連痛」を引き起こすという現象があります。これは傷んでいる場所に原因となるしこりが見当たらず、痛む場所とは離れたところに原因となるしこりがあるという現象です。

この現象はすでに19世紀中頃には知られていて、1938年には Kellgren教授によって詳しい報告がされています。濃度6%の食塩水筋肉に注入すると、注入した場所から離れた所に痛みを引き起こしたという研究です。この痛みは神経の走行に沿って現れるわけではなかったので、神経痛ではなく、「関連痛」と呼ばれる事になりました。

また、この関連痛はそれぞれの筋に特有のパターンがあり、筋だけでなく、腱、靭帯、骨膜および皮膚の刺激によっても生じる事を報告しています。

さらにこの関連痛を発生させる過敏なスポットがあり、そのスポットに局所麻酔薬を注入することによって除痛できるとしています

関連痛のメカニズムは、「収束投射説」と「脊髄拡散説」に分けられています。

関連痛①収束投射説

痛みの電気信号(インパルス)が伝導してきた神経線維と、脊髄への入力部位が別の神経線維を刺激して脳が子人することによって関連領域に痛みが出るという説があります。

関連痛②脊髄拡散説

過剰に痛みがある場合電気信号(インパルス)が脊髄へ入力する時に、神経伝達物質が別のニューロンへ拡散することや、健常な方では眠っている別の脊髄分節ニューロンへのシナプス結合が活性化することで脳は神経伝達物質の行先でもある脊髄分節に入力する神経の大元の神経領域から、インパルスと誤認する為に関連稜いい気に痛みが投射するという説があります。

トリガーポイントの特徴:関連痛

トリガーポイントの特徴のひとつとして「関連痛」を引き起こすという現象があります。これは痛んでいる場所に原因となるしこりが見あたらず、痛む場所とは離れた所に原因となるしこりがあるという現象です。

  1. 圧痛は索状硬結(筋膜内のピンと張ったスジ)上に限局して現れます。
  2. 強く圧迫すると関連痛が見られ、症状が再現します。
  3. とびあがるようなの痛みを発することがあります。
  4. 発汗したり鳥肌が立ったりなどの自律神経反応を引き起こすことがあります。

まず検査をする時に関連痛を疑うことで、原因となるトリガーポイントへのアプローチを見逃さずに済むことが出来ます。関連痛が発生する領域は、一次関連痛と言って、トリガーポイントが重症化すると二次領域となり痛みが広がってしまいます。

トリガーポイントによる関連痛とメカニズム:まとめ

今回のケースで、一番腰痛に関係する筋肉が小殿筋です。お尻の一番深いところにありながら、このような痛みを起こします。原因がお尻なのに、症状が腰、殿部、下肢と椎間板ヘルニアとほとんど同じ部位に痛みやしびれが起きるのです。

椎間板ヘルニアと診断されても、一度はこの小殿筋に対する治療を試してみましょう。股関節が硬く、開脚などができない人にぜひともトリガーポイントを攻めてみるべし。